« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の18件の記事

教育研究 2010年 06月号

研究発表 算数 割合の導入をどうするかー独創的アプローチ”同じ割合をつくる活動”から入るー 盛山隆雄

つくってみませんか 「正四面体を作ってみませんか」 夏坂哲志

ファインダー 「都電荒川線の旅」 山本良和

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003JCL6RC/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_2?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B000OVLL6C&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0T9BVJN8M8MJTK0H965V

|

「教育研究」不昧堂出版

初等教育界で最も権威ある研究雑誌
http://www.magdeli.jp/item/3019

|

授業実践フォーラム

*大会テーマ 新学習指導要領のねらいを実現する授業と評価
~知識・技能を習得・活用し,探究する力を育てる~
*期日 平成22年6月5日(土)・6日(日)
*会場 羽島市文化センター(岐阜県羽島市竹鼻町丸の内6丁目7番地)

授業実践フォーラム内容の定着と子どもの意欲を保証する算数授業のつくり方
田中博史

http://www.sokyoken.or.jp/forum.xhtml

|

ウガンダ授業力向上セミナー

3月22日~26日の5日間、ウガンダ授業力向上セミナーが開かれました。
といっても、SESEMATというウガンダの理数科プロジェクトの専門家であるNさんが企画したもので、
参加者はウガンダ、ケニア、ルワンダ、エチオピア、ザンビア、ナイジェリア、ガーナの7ヶ国のナショナルトレーナーの人たち。

http://ugandakonpei.blog114.fc2.com/blog-entry-144.html

|

100玉そろばんと練習帳

http://www.edu-creats.jp/item_detail/itemId,73/

|

第8回 北の教育文化フェスティバルin旭川

1学期の失敗を取り戻す 2学期のスタートダッシュの切り方
そして新しい教育的課題へとむかう教師の力量形成

◆日 時  平成22年7月30日(金)31日(土)
◆会 場  旭川トーヨーホテル
       〒070-0037 北海道旭川市7条通7丁目右1 ℡ 0166-22-7575

7月31日

14:30~15:30 講演 (仮題)新教育課程で授業はこう変わる 算数編
            授業・解説 盛山隆雄氏 司会 宇野弘恵氏
15:40~16:40 活用型学習のモデル授業 算数編(授業40分 解説10分 質問10分)盛山隆雄氏

http://www1.ocn.ne.jp/~naonami/8fes.html

|

せんだい・みやぎ算数授業づくりの会第13回例会

期日  平成22年6月12(土)9:30~17:00
場所  聖ウルスラ学院英智小学校 講堂
主催  せんだい・みやぎ算数授業づくりの会
     学校法人聖ウルスラ学院
後援  宮城県
     宮城県教育委員会
     仙台市教育委員会※申請中
授業者・講師
    筑波大学附属小学校 田中博史先生(5年生の授業)
    環太平洋大学学長・中央教育審議会副会長 梶田叡一先生
    弘前大学附属小学校 種市芳丈先生

http://blogs.yahoo.co.jp/eastnorth2008/25533242.html

|

新教育課程拠点校(算数)研究発表会

1. 研究主題 「 互いのよさを認め合い いきいきと活動する子どもを育てる
― 子どもどうしのかかわりの中で質的な高まりをめざして ― 」
2. 期 日 平成22 年6月4日(金)
3. 会 場 高知市立泉野小学校
(高知市東秦泉寺788 ℡088-845-8762 Fax088-845-8763)
5.公開授業
筑波大学附属小学校 田中博史先生による授業
6. 講 演
演 題 「 子どもがいきいきと活動する授業への改善
― 新学習指導要領に対応した指導内容に向けて ― 」
講 師 筑波大学附属小学校 教諭 田中 博史先生

http://www.pref.kochi.lg.jp/uploaded/life/34924_80721_misc.pdf

|

第25回幡多算数セミナー

期日:724(土)

会場:JA高知はた(四万十市右山五月町7-40 0880-34-5555 

4年授業 夏坂哲志

講演 大野桂

6年授業 盛山隆雄

講演 細水保宏

|

第40回高知算数セミナー

期日:2010722(木)23日(金)

会場:高知会館(高知市本町5丁目6-42

722日(木)

記念講演 正木孝昌

高知大学教育学部附属小1年授業 大野桂

高知大学教育学部附属小5年立会い授業

山本良和 VS 藤田究(高知大学附属小)

723日(金)

高知市立第四小3年授業 中田寿幸

講演 田中博史

基調講演 坪田耕三

シンポジウム

|

第11回算数授業ICT研究会

日 時:平成22年8月6日(金)9:00~16:00
会 場:株式会社 内田洋行 新川本社ビル
          中央区新川2-4-7
http://www.sansu-ict.jp/pdf/vol11.pdf

|

第8回北の教育文化フェスティバルin旭川

7月30・31日

講師 盛山隆雄 二瓶弘行 他

http://www1.ocn.ne.jp/~naonami/

|

研数学館 算数・数学連続セミナー第3回

テーマ : 子どもの考えを活かした算数授業   
日_時 : 平成22年6月13日(日)  午後1時~4時20分
場_所 : 財団法人研数学館 (東京都千代田区西神田2-8-15)
子どもの考えを把握し、授業に活かすとはどういうことか
講師 : 筑波大学附属小学校 教諭: 盛山 隆雄先生 
 『子どもの考えを活かした算数授業』を考えるとき、子どもの考えをどうやって把握するかという問題と、把握した考えをその後の授業展開にどう活かすかという問題があります。
 子どもの考えを活かすには、まさに本セミナーの大テーマにある『授業者の子どもを見る眼と教材を見る眼』が大切になります。この2つの問題について、具体的事例を通してお話します。 

http://www.kensu.or.jp/oshirase/20100613.html

|

筑波大学附属小学校学習公開・研究発表会

筑波大学附属小学校学習公開・研究発表会
研究主題『独創』の教育<第2年次>
─ 授業づくりの条件を探る ─ 21 世紀のこの時代に、子ども達がよりよく、そして力強く生き抜くために、本校では「『独創』の教育」という研究主題を設定しました。
 「独創性」の観点から授業を見直してみると、日々の授業が自然に変わってきていることに驚いています。子どもたちの考えに一歩踏み出して付き合ってみると、その発想の豊かさに感動します。「独創性」を発揮している姿を探したり関わったりしていく過程自身が楽しく感じるのです。しかも、教科・領域の本質に迫っていく子どもたちの姿が見られ、「これが授業だ」という気がして楽しくなります。
 また、教師がその姿勢で臨むので子どもたちも変わってきた気がします。特に、関わり合う場において、「自分らしさ」「その子らしさ」の観点で見ている発言が多くなってきています。
 一方、「独創性」を発揮している子どもの姿を捉え、その発想のよりどころを探るため、板書の写真を撮ったりノートをコピーしたりして資料を集めています。そうやって、教師が一人一人の子どもをよく見ていくことにより、子ども達がいかに教師や友達から影響を受け変容していくのを改めて実感し、その成長に大きさに驚かされています。
 本年度は、4 年計画の第2 年次に当たります。第1年次の研究成果を基に、第2年次の研究課題である「授業づくりの条件を探る」で研究発表を行います。是非、ご参加ください。

http://www.elementary-s.tsukuba.ac.jp/pdf/kenkyu201006.pdf

|

筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会

平成22年6月18日(金)19日(土)

今年度は金、土の2日間で行います。

http://www.elementary-s.tsukuba.ac.jp/pdf/kenkyu201006.pdf

|

【再掲載】正木孝昌先生の算数授業づくり講座(5月15日・土)

~兵庫県西宮市~

1時間目 模擬授業 「“子どもたちが活動する” 算数模擬授業」 正木孝昌先生

2時間目 講座① 関西のベテランの算数教師の講座「新任・若手教員スキルUP塾」

 ・『算数の教材研究法』 直海知子先生(大阪府豊中市立新田南小)

 ・『ノート指導と板書』 下道成人先生(大阪府泉大津市立戎小)

 ・『ICTを使った算数授業のABC』 小島源一郎先生(奈良県奈良市立東市小)

3時間目 講座② 「鯛のおよぐ授業」 …………………………… 正木孝昌先生

4時間目 講座③ 「正木先生に“計算指導”を学ぶ講座」 ……  正木孝昌先生

○期日:2010 5 15()

○時間:9:5016:00

○会場:『西宮市立勤労会館』(4階・第8会議室)

○参加費:2000

○時程

    9:5010:20

式     10:2010:30 講師先生ご紹介

模擬授業  10:3011:15 (45) 休憩15

座①   11:3012:40 (30分×2回 途中移移動10)

お昼休憩・80

座②   14:0014:45 (45)

座③   15:0015:45 (45)

質疑&閉会 15:4516:00 (15)

○参加お申し込み方法

 → Eメールにて,お申し込みください。

sawayaka819yukioyahoo.co.jp (◆を@に変えてください。

メール件名 515日・正木先生の算数講座参加申し込み』

メール本文 『①お名前 ②ご所属 ③ご連絡先お電話番号』

模擬授業の子ども役になっていただける方を募集します。新任から5年目の先生方が対象です。模擬授業で「最低1回は発言をしよう!」と思ってくださる方,お待ちしています!(先着20名様)

メールの『本文』に,さらに項目④番を付け足してください。

: 算数太郎 西宮市立かしこい小 090-1234-5678 模擬授業の子ども役を希望

●受付は先着順とさせて頂きます。

●ご参加申し込み後に,「参加受理」の連絡(返信)を差し上げます。

お申し込みをされたのに,「参加受理」の連絡がない場合は,当方に,お申し込みの連絡が届いてない可能性があります。再度ご連絡をくださいませ。

ご参加費の内訳は,講師招聘費,会場費,通信費,資料代,雑費,等です。

○講座に関するお問い合わせ 木下幸夫

sawayaka819yukioyahoo.co.jp (◆を@に変えてください。

<会場案内>

『西宮市立勤労会館』西宮市松原町237号 電話0798-34-1662

  ○阪神電車..阪神「西宮」駅から,東に徒歩67分。

  ○JR.....JR「西宮」駅から,南西に徒歩78分。

  ○お車.....「市役所前公共駐車場」(西宮市役所東館)をオススメしています。徒歩5分。

[会場の地図です↓]

http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%C0%BE%B5%DC%BB%D4%BE%BE%B8%B6%C4%AE%A3%B2%A1%DD%A3%B3%A3%B7&lat=34.733029 72&lon=135.34827556&ei=euc-jp&v=2&sc=3&gov=28204.283.2.10

 

|

第11回算数授業ICT研究会全国大会

○日 時:平成22年8月6日(金)9:00~16:00
○会 場:株式会社 内田洋行 新川本社ビル
     東京都中央区新川2-4-7

http://www.sansu-ict.jp/index.html

|

算数授業研究 第69号

特集 わかる・できる・おもしろい計算指導のポイント 
筑波大学附属小学校算数研究部 企画・編集  

http://www.toyokan.co.jp/

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »