« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の13件の記事

ちびまる子ちゃん 小学2年生総復習ドリル

立ち読みできます
http://www.nagaokashoten.co.jp/actionbrowser/42940/flash/F_viewer_standard.htm

|

ちびまる子ちゃん 小学1年生総復習ドリル

著者 : 日本アニメーション [絵]
 細水 保宏 [算数監修]
 青山 由紀 [国語監修]
 
判型 : B5
ページ数 : 80P
定価 : 683 円(5%税込) 本体650円
初版年月日 : 2010年 11月

小学校1年生向けの一年間の学習(国語・算数)の総復習ドリル。まるちゃんが問題を出題したり、アニメの絵を見ながら解く問題などがあり『ちびまる子ちゃん』のキャラクターと楽しく勉強ができる。2年生で使える九九ポスターつき。
http://www.nagaokashoten.co.jp/cgibin/bookinfo.cgi?category=file_k&line=10

|

マンガで読む ガウス先生の おもしろ算数授業

細水保宏 編集
ガウスの会 原作
森田将文 漫画
http://www.toyokan.co.jp/

|

授業実践フォーラムin沖縄

講師 田中博史
期日 平成23年3月26日(土)
場所 沖縄県浦添市てだこホール
詳細はこちら
「okinawa.pdf」をダウンロード

|

2011年春 「アイテム」算数 改訂版発刊のお知らせ

「アイテム」算数では、新教科書と同様に単位を国際基準にあわせます。(ℓをLに等)
http://www.next-edu.or.jp/topics/index.html#d141

|

第6回ガウスの会 授業研究会【詳細】

「Gauss3.pdf」をダウンロード

|

第6回ガウスの会 授業研究会

「Gauss1.pdf」をダウンロード

|

基幹学力の授業 ただ今ランキング1位

http://www.meijitosho.co.jp/shoseki/ranking.html

|

ウインターフェスティバル【詳細】

オール筑波算数ウインターフェスティバル 平成23年3月5日(土)
公開授業Ⅰ 3年「分数」中田寿幸
明日の授業にすぐに役立つ課題・テーマ別4講座
A 若手教師のための授業づくり講座 細水保宏
B 評価の技術 大野 桂
C 発問の力がつく方法 盛山隆雄
D 板書とノート 指導の技術 山本良和
公開授業Ⅱ 4年「面積」夏坂哲志
講演 「楽しくて力のつく算数授業のつくり方」田中博史

申し込み等詳細は
 「winter_festival.pdf」をダウンロード

|

算数授業通信 第160号

田中博史 全国算数授業研究会で育った仲間たちへ 新たな役割 ~学校を元気にする「薬」となるために~ 
「160.pdf」をダウンロード

|

基幹学力の授業 国語&算数26

田中 博史・二瓶 弘行 編
宿題―反復学習プラスαの面白メニュー40選
宿題のイメージを180度変える面白メニュー勢ぞろい!
宿題=ドリルによる反復練習やプリント、教科書の練習問題というイメージにとらわれていませんか? 今号では、宿題の意義や与え方を改めて見直し、子どもが主体的に学んだり、学び方を身に付けられるような面白メニューをたくさんご紹介します!
http://www.meijitosho.co.jp/shoseki/shosai.html?bango=4-18-888617-5

|

算数授業研究 第73号

筑波大学附属小学校算数研究部 企画・編集
特集1 徹底解剖「子どもが動き出す瞬間」-こうすれば子どもは動き出す- 
特集2 海外授業研究
事前にしっかり準備をした授業でも、実際授業の場では、2つの状態に分かれることがある。その1つは、最初は教材に興味を惹かれ、積極的に関わるが、考える場面になると徐々に静かになる授業。つまり子どもの思考が止まる授業。もう1つは、教材を味わうように穏やかに始まり、考える場面になると、徐々に、積極的な発言が始まる授業。つまり子どもが動き出す授業である。なぜ、このような2つの異なる授業が起こるのか。「子どもが積極的に授業に関わろうとする要因は何なのか?」ということを探る。
http://www.toyokan.co.jp/jsp/book_dsp.jsp?isbncd=ISBN978-4-491-02632-9

|

算数研究で授業が学校が変わる

田中博史 編著/新潟市立浜浦小学校 著
授業が変われば、子どもが変わる。子どもが変われば、学校が変わるのか。ここに、校内研修を抜本的に見直し、教師の授業力を高めようと取り組んだ、一つの学校がある。授業の変化は、子どもの姿から実感できる。その変化は、教師が授業を楽しめるきっかけとなる。この学校の軌跡は、教師が授業の本当の楽しさを知る奇跡でもある。
http://www.toyokan.co.jp/jsp/book_dsp.jsp?isbncd=ISBN978-4-491-02633-6

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »