« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の12件の記事

学力グ~ンとアップ!田中博史先生の学習教材

ビジュアル九九カルタ
遊びながら楽しく九九が練習できる!
「まだ九九を覚えていない」というときにも,「もうだいたい九九を覚えたよ」というときにも,段階に合わせてゲームを楽しむことができます。
http://www.bunkei.co.jp/hirosen/index.html

|

理数脳をつくる授業 理科&算数4

“理数の思考回路”をつくる導入発問
夏坂 哲志・佐々木 昭弘 編
理科と算数のコラボ研究から探る導入発問のヒントが満載!
理数脳をつくるにはすぐ答えが出るQがいいのか、ナゾかけ的Qがいいのか。導入発問としては「電気を通す・通さない」「どちらが重い?」など様々な導入発問の具体例を紹介しながら算数と理科でつくる理数的思考の基礎基本を提示。
http://www.meijitosho.co.jp/detail/?isbn=4-18-984443-3

|

基幹学力の授業 国語&算数27

授業の起承転結のつくり方を問い直す
二瓶 弘行・田中 博史 編
「起」と「転」を見直せば授業はもっと知的に盛り上がる!
なかなか本題に入らず時間ばかりかかる算数の導入、子どもの発表がただ淡々と続くだけの国語の展開…。こんな授業に心当たりはありませんか? 今号は、授業の起承転結、特に「起」と「転」に着目して、知的に盛り上がる授業づくりのポイントと具体例をご紹介します!
http://www.meijitosho.co.jp/detail/?isbn=4-18-888711-0

|

秘伝 細水保宏の算数教材研究ノート

細水保宏 著

授業の達人の教材研究ノート実物を掲載し、授業展開がイメージできるノート術のポイントを解説。達人の授業づくりを紙上体験できる一冊。

目次
[これが秘伝ノート実物です!]
HOSOMIの教材研究ノート
秘伝ノート1
秘伝ノート2
HOSOMIのつぶやき
HOSOMIのノート活用術
細水保宏の授業づくり 一つの授業を創るまで
[これが教材研究ノート実物です!]
研究ノート1 何個残っているかな? 1年「繰り下がりのある引き算」
研究ノート2 かけ算の導入 2年「かけ算」
研究ノート3 誕生日で問題づくり 3年「かけ算」
研究ノート4 隠れた数の和は?カレンダー編 3年「きまり発見」
研究ノート5 隠れた数の和は?九九表編 4年「きまり発見」
研究ノート6 11+22+・・・+99=? 4年「おもしろい計算」
研究ノート7 △と▲、どちらがいくつ多い? 4年「変わり方」
研究ノート8 ×小数の導入 5年「小数のかけ算」
研究ノート9 AB×AC=?(B+C=10) 5年「おもしろい計算」
研究ノート10 図形の面積の活用 5年「図形の面積」
研究ノート11 ラクダの分配問題 6年「分数の計算」
研究ノート12 円の面積の確認 6年「円の面積」
研究ノート13 リレーの並び方 6年「場合の数」
研究ノート14 階段の登り方は何通り? 6年「場合の数の発展」

http://www.gakuji.co.jp/book/978-4-7619-1797-5.html

|

月刊新しい算数研究2011年2月号

学習意欲を高めて思考力・表現力を伸ばす
夏坂哲志
研究事例(3)思考力・表現力を伸ばす教材(下学年)
─「もっとよく見たい!」を引き出す ─

http://www.toyokan.co.jp/jsp/book_dsp.jsp?isbncd=ISBN978-1-547-20110-2

|

算数授業研究 第74号

特集 算数科だから育てられる言語力
企画・編集 筑波大学附属小学校算数研究部
新学習指導要領では、「言語活動の充実」が重視されている。算数科だから育てられる言語力とは何か、そして、算数科において言語力を育む言語活動とはどのようなものなのかを明らかにする。
http://www.toyokan.co.jp/jsp/book_dsp.jsp?isbncd=ISBN978-4-491-02671-8

|

【兵庫】ヨッシーの算数「板書とノート指導」一日講座

【日程】2011年4月2日(土)

【場所】西宮市立勤労会館
    (兵庫県西宮市松原町2-37)

【内容】
講座①「板書とノート指導」(基礎編)山本良和先生
講座②「算数ワークショップ・各学年別・4月単元攻略法」
    ・1年生 久保田健祐先生 西宮市立広田小学校教諭
    ・2年生 西野絵里香先生 豊中市立克明小学校教諭
    ・3年生 水谷智一先生  西宮市立甲陽園小学校教諭
    ・4年生 小林秀訓先生  豊中市立克明小学校教諭
    ・5年生 樋口萬太郎先生 豊中市立庄内小学校教諭
    ・6年生 坂口洋一郎先生 西宮市立上甲子園小学校教諭
講座③「板書とノート指導」(子どもの発達段階編)山本良和先生

【時程】10:30~16:00
受付開始 10:30から
講座開始 10:50から
講座修了 16:00まで

【参加費】3000円

【主催】教員サークルわっしょい

【お申し込み方法】
・Eメールにてお申し込み下さい
 sawayaka819yukio@yahoo.co.jp
件名『4月2日・算数授業づくり講座参加申し込み』
 本文『①お名前 ②ご所属 ③ご連絡先お電話番号』

【お問い合わせ】
木下幸夫(兵庫県西宮市立津門小学校教諭)
sawayaka819yukio@yahoo.co.jp

【その他】
・受付は先着順です。お早めにお願いします。
・お申し込み後に、「参加受理」のメールを返信いたします。当方からの返信がない場合は、再度、ご連絡をください。

|

学校を元気にする33の熟議

田中博史・土居英一・宮本博規・柳瀬泰 著

あるとき、久しぶりに昭和33年生まれの4人の教師が集まって、こんな話題になった。「今の日本の教育界は元気がないと思わないか」「でも、忙しくても世の中には元気な人はたくさんいるよ。学校だけが忙しいわけじゃない」では、なぜ今の学校は元気がないのだろう。学校教育を取り巻く世界を今一度見つめなおし、真剣にその問題点について語り合った。学校が元気になれば教師も元気になり、それが子どもたちを元気にすることに必ずつながっていく。そう信じて、ここに一冊の本ができた。

http://www.toyokan.co.jp/jsp/book_dsp.jsp?isbncd=ISBN978-4-491-02670-1

|

田中博史 企画 「書くっておもしろい!」表現力を鍛える算数授業のススメ

算数授業観改革シリーズ
「書くっておもしろい!」表現力を鍛える算数授業のススメ
田中博史 企画/尾崎正彦 著

この本は、ノート指導の基本編である。本当の表現力指導とはどのようなものなのか? 美しいノートが必要なのか。いやそうではない。問題は中身だ。ノートを見れば、子どもの学力がわかる。しかし、書く技術だけを真似しても、書く力は高まらない。書かせるだけの指導から脱却しなければならない。思考力・判断力・表現力を育てるノート指導がなにかがわかる一冊。
http://www.toyokan.co.jp/jsp/book_dsp.jsp?isbncd=ISBN978-4-491-02669-5

|

細水保宏の算数授業のつくり方

教師の“知恵”.net 企画/細水保宏 著
「子どもが算数を大好きにある授業」それは、解き方を考えることがおもしろい。仲間に説明することが楽しい。「はらはら、どきどき、わくわく」をどうつくるか。ややもすると、論理だけのクールな世界と考えがちな算数授業も、細水先生の手にかかると、ワクワク・ドキドキ、ホットで楽しい算数劇場にある。細水マジックの具体的な指導技術、満載です。
http://www.toyokan.co.jp/jsp/book_dsp.jsp?isbncd=ISBN978-4-491-02668-8

|

板書で見る全単元・全時間の授業のすべて1年から6年上巻

全国の先生方から圧倒的な支持をいただいたシリーズが全面改訂。新学習指導要領に対応した板書・指導計画・発問を含めた指導の流れなどがひと目でわかる。旧版の使いやすさをさらに強化した本シリーズで、全単元・全時間をスムーズに授業できる!!

http://www.toyokan.co.jp/02650


|

第2回授業のユニバーサルデザイン研究全国大会

テーマ:「全員参加」の国語・算数の授業づくり
日 時:2011年2月26日(土)9:00~17:00
ところ:筑波大学附属小学校
公開授業①国語 桂 聖
公開授業②算数 山本良和
分科会、講演
詳細
http://hwm8.gyao.ne.jp/kokugouniversal/kenkyuutaikai.html

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »