« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の6件の記事

算数授業づくり研修会【詳細】

http://miyagisansuu.blogspot.com/

|

算数授業づくり研修会

筑波大附属小学校 夏坂哲志先生をお迎えして~

主 催 せんだい・みやぎ算数授業づくりの会
会 場 東松島市立赤井南小学校
1 期 日 平成23年6月4日(土)12時30分~16時
2 場 所 東松島市立赤井南小学校 教室
3 講 師 筑波大学附属小学校 夏坂 哲志 先生
4 テーマ 「算数の授業と学級づくり」
5 内 容 模擬授業と講演
6 参加費 無料
7 日 程
・受 付        12:30~12:50
・開会行事     13:00~13:15
・模擬授業と話し合い  13:15~14:30(夏坂先生)
・休 憩        14:30~14:45
・講 演        14:45~15:45(夏坂先生)
・閉会行事と後かたづけ 15:45~16:00
8 申し込み先(締め切り:平成23年6月1日水曜日)
①電子メールでの申し込みの場合
  石巻市立大谷地小学校 秋山真一郎(算数授業づくりの会世話人)
          E-mail:miyagisansuu@gmail.com
②ファックスでの申し込みの場合
  東松島市立赤井南小学校 齋藤信吾(同会世話人代表)0225-95-9030
   仙台市立金剛沢小学校  新保健介 ( 同会 世話人)022-303-9533

9 諸注意(よくお読みください)
※1 駐車場は,本校の「語らいの広場」前です。案内にしたがって入場してください。なお,駐車場案内は12時30~50分までとさせていただきます。
※2 参加費はありませんが,義援金のカンパを呼びかけます。義援金は東松島市役所に持参します。
 ※3 上履きをご持参ください。
 ※4 なお,余震などの関係で研修会を中止する場合があります。その場合は,当日の午前8時までに下記のブログに掲示いたします。
http://miyagisansuu.blogspot.com/

|

【リニューアル号】算数授業研究 VOL.75

算数授業研究 VOL.75 CONTENTS
特集 いま、再び教材開発
02  提起文
  主単元の授業を楽しくする教材研究とその開発
04  1年 繰り上がりのあるたし算/大野桂
06  2年 式と式の関係を見ることでできる計算の範囲を広げる 4×12の計算を考える授業/田中博史
08  3年 わり算 学年をこえた教材研究が新しい教材を生む/中田寿幸
10  4年 「面積」の導入を考える/夏坂哲志
12  5年 「比例」の観点から円周率を導入する/山本良和
14  6年 「資料の調べ方」の導入教材 平均を乗り越えて度数分布表につなげるために/盛山隆雄
  教材研究と教材開発
16  教材の体系を問い直す/手島勝朗
18  具体としての教材開発/正木孝昌
20  教材研究と教材開発/坪田耕三
22  教えたいことを隠すこと/志水廣
  子どもが燃えた面白教材
24  1年 形あそび スタンプあそびで大発見!-「形であそぼう」の中から-/奈良崎芳晴
25     10より大きい数 並んで! ダンゴムシ!!/高瀬大輔
26  2年 はこの形 箱を作ろう-「たりない?」「あまる?」「無理ですよ」-/尾?正彦
27     かけ算・分数 何人で集まればいい? 何人が集まればいい?-パターンブロックを使った
      集合ゲームを通してかけ算,分数を体感しよう-/千々岩芳朗
28  3年 時間と時刻 さいころゲームから時計ゲームへ-60進法の感覚をゲームと視覚でつかむ-/大桑政記
29     かけ算 筆算ゲーム-楽しく競い合いながら筆算の習熟を図る-/金澤央広
30  4年 面積 1haってどのくらい?-住宅地図を使って-/小川和子
31     面積 『どちらのみかんが大きかったかな』-食べ終えた皮を使って量感を培う算数的活動-/木下幸夫
32  5年 単位量あたりの大きさ ○かき競争をしよう-仕事量「単位量当たりの大きさ」で表すことで,
      そのよさに気づく-/羽染聡
33  5年 体積 料金は同じ? 違う?-日常場面の宅急便の料金を考える-/永田美奈子
34  6年 場合の数 「場合の数の調べ方」でもきまり発見の楽しい授業を!/三田美乃里
35     比とその利用 自ら問題に働きかけていく姿を求めて-教科書を一歩進めて-/梅原伸雄
  海外の教具
38  教材開発は授業開発と共に、授業開発は教材開発と共に/高橋昭彦
40  状況にあったやさしい教材開発/村田亜季
  おもしろ教具の紹介
42  図形構成学習セット“プチプチ”を使って多角形の内角の和を考える/吉田映子
44  読解力が育つビジュアル九九カルタ活用法/田中博史
  ICTの取り組み
46  子どもたちが楽しみながらわかる学習場面をつくる/小島源一郎
48  半田市の取り組み教材作成デジタルコンテンツチーム/長尾幸彦

  Essay
36  授業が変わり,子どもたちが変わった!/西野絵里香
37  「楽しく算数する子ども」をめざして/高橋真
  学校を元気にする取り組み
50  東京発 若手育成を通じて校内に活力を生み出す/柳瀬泰
52  高知発 授業が変われば学校は変わる/土居英一
54  熊本発 教師として成長が実感できる学校をつくる/宮本博規
  連載
56  算数を「発見・創造」する授業づくり*「比」の発見・創造/大野桂
58  算数的な感覚を豊かに育てる授業づくり*比べたくなる必要感から均す活動を引き出す/中田寿幸
60  加減乗除*面白教材「9で割った余り」/盛山隆雄
62  電子黒板を使った算数授業*電子黒板を気楽に使ってみる⑥/山本良和
64  子どものための板書づくり*提示する順序とタイミング/夏坂哲志
66  表現力その開発と定着*「たとえば」の用法の分類/田中博史
68  知恵を育む授業づくり*「導入7分」で学習のきっかけを創る(6)/細水保宏
70  算数授業情報

http://www.toyokan.co.jp/book/b88860.html

|

名人から学ぶ授業

2011年6月25日(土) 1:30~3:45
公開授業 細水保宏先生による算数の授業
講演 「算数が大好きになるコツ」
当日受付 参加費無料
主催:大田区立大森第五小学校
会場:東京都大田区立大森第五小学校
担当:藤田伸一
〒143-0011東京都大田区大森本町1-10-5
TEL03-3762-6638 FAX03-3762-6639

|

中田寿幸図形領域講座

日時:平成23年8月27日(土) 10:00~
場所:守口市教育文化会館 大ホール
参加費:3000円 ※定員80名
【参加費の内訳】 講師招聘費 会場費 通信費 資料代 雑費 等

9:30~ 受付
10:00~11:00 第1講座 図形領域(低学年編)
11:10~12:10 第2講座 図形領域(中学年編)
昼休憩(12:10~13:30)
13:30~14:30 第3講座 図形領域(高学年編)
14:30~15:00 質疑応答

講師ご紹介
中田寿幸(なかたとしゆき)
1965年東京生まれの千葉県松戸市育ち。千葉県の公立小、中、高校、千葉大学を卒業。千葉県鎌ヶ谷市、松戸市の公立小学校教諭を経て、筑波大学附属小学校教諭。
全国算数授業研究会常任理事、算数授業ICT研究会理事、基幹学力研究会世話人、日本数学教育学研究部幹事、隔月刊誌「算数授業研究」編集委員、学校図書算数教科書編集委員。著書に「追求する子どもたちとの算数的活動」「板書で見る全単元・全時間の授業のすべて」(共に東洋館出版社)

参加を希望される方は、
①名前 ②勤務校 ③連絡先
Eメールにて、西山克幸(守口市立下島小学校)までご連絡ください。 Eメール ksksoya@gmail.com 折り返し連絡させていただきます。連絡がない場合は、メールが届いていない場合がありますので、再度ご連絡ください。
(定員となり次第、締め切りとさせていただきます。)
ご案内 河内教員サークル SOYA

|

第5回 筑波大学・附属小中高等学校 算数・数学科合同研究会

算数・数学教育の一貫性を考える

1.主催・企画   筑波大学・附属小中高等学校 算数・数学科
          筑波大学学校教育局共催
関数の考え
~小・中・高の指導法を探る~
2.日時   平成23年7月9日(土) 9:00~16:20
3.場所   筑波大学附属小学校 講堂  東京都文京区大塚3-29-1
4.参加費   1,000円(資料代)
5.内容  
○公開授業 9:30~12:30
   小学校 中田寿幸(附属小)
   中学校 大根田裕(附属中)
   高校   川崎宣昭(附属高)
○授業研究協議会 14:00~15:10
    【パネラー】中田寿幸(附属小),大根田裕(附属中),川崎宣昭(附属高)
助言者 礒田正美(筑波大学),蒔苗直道(筑波大学),
○講演15:20~16:20
     講師 清水美憲先生(筑波大学)
○ 閉会挨拶 坪田耕三(筑波大学)

◆ 次の要領で、事前にメールでお申し込みください。申し込みいただいた方には、本研究会の正式な受付票を添付ファイルでお送りします。出力してご記入の上、当日、参加費とともに受付にお出しください。
 アドレス tsukubafusuken@yahoo.co.jp
 ① メール件名「申込者氏名・所属先」
② メール本文「連絡先(住所・電話番号)」

※ 携帯メールでの申し込みは、受付票をお送りできませんのでご遠慮ください。
◆ メールで申し込めない方に限り、FAXでも受け付けます。上記①②の内容をご記入の上、下記までお申し込みください。ただし、当日も受付票をご記入いただきますので、入場まで少し時間がかかりますことをご承知おきください。  【FAX送信先】03-3946-1897(筑波大学附属小学校・算数研究部)
◆ 新型インフルエンザの感染が広がった場合、研究会を中止にすることもございますので、予めご了承ください。
  研究会に関する情報はこちらでご確認ください。 http://tsukuba-sansubu.cocolog-nifty.com/blog/

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »