« 2021年1月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月の7件の記事

【新刊】思考と表現を深める 算数の発問

盛山 隆雄 著

発問と質問の違いや、発問の役割など、算数の話題に限らず、授業における発問の役割を丁寧に解説しています。


https://www.toyokan.co.jp/collections/shogakko/products/561718

https://www.amazon.co.jp/%E6%80%9D%E8%80%83%E3%81%A8%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%82%92%E6%B7%B1%E3%82%81%E3%82%8B-%E7%AE%97%E6%95%B0%E3%81%AE%E7%99%BA%E5%95%8F-%E6%96%B0%E8%A6%8F%E3%81%AE%E7%99%BA%E5%95%8F%E3%81%A8%E5%95%8F%E3%81%84%E8%BF%94%E3%81%97%E7%99%BA%E5%95%8F%E3%81%A7%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%8C%E6%B0%97%E3%81%A5%E3%81%8D%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B-%E7%9B%9B%E5%B1%B1-%EF%A7%9C%E9%9B%84/dp/4491036462

|

【新刊】算数授業研究133号 論究XVIII 「数学のよさ」に気付く子ども

筑波大学附属小学校算数研究部 企画・編集

「数学のよさ」とはなにか——。大切だとはわかるけれど、なかなか普段から意識することのない、意識しても捉えづらい「数学のよさ」について、研究者・実践者双方の視点で論じ究める特集号。

https://www.toyokan.co.jp/products/4403

算数授業研究133号 論究XVIII 「数学のよさ」に気付く子ども

|

【新刊】算数授業を子どもと創る

森本 隆史 著

「子どもと創る授業に変えたい!」

教科書にある問題文を読み、できる子に発表をさせ、教師が説明をする……この型に当てはめていけば、45分の授業は過ぎていきます。しかし、こんな授業では子どもたちの学力差は開く一方。目の前の子どもたちを笑顔にしたいと願う先生方に向けた、言葉とかかわりを大切にした、子どもと創る算数の授業の取り組みをまとめました。

教え込みの授業から脱却し、子どもとつくる算数授業に変えるためのポイントを、5つの変える視点で紹介しています。

https://www.toyokan.co.jp/collections/books/products/561653

https://www.amazon.co.jp/%E7%AE%97%E6%95%B0%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%82%92%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E5%89%B5%E3%82%8B-%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E8%A8%80%E8%91%89%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%82%8A%E6%96%B9-%E6%A3%AE%E6%9C%AC-%E9%9A%86%E5%8F%B2/dp/4491037299

|

【新刊】クラスづくりで大切にしたいこと

盛山隆雄著

東洋館出版社

https://www.toyokan.co.jp/collections/books/products/559542



クラスづくりを考える上で、考えておきたこと、大切にしたいことを具体的なエピソードを交えて綴った一冊。子どもたちが授業に夢中になれる、安心して輝けるクラスにするために実践してきたことがすべて詰まっています。少しでもクラスづくりの参考になれば幸いです。

|

子どもが探究する算数の問題【新刊】

Photo_20210325162501

  エレガントな解法を求めて

盛山隆雄 著

https://www.toyokan.co.jp/collections/books/products/4463

 

|

2019年度のパスポートを使っていない方へ

先日、お知らせしましたとおり、まだ、2019年度のパスポートを使っていない方は、2021年度に行われるGGゼミナールで使用することができるようにしています。
4月18日に行われる算数GGまつりでパスポートを使用したい方は、4月2日までにこのメールへご返信ください。
東洋館出版社へ申し込みされると、処理できなくなります。
あらかじめご了承ください。

申し込みをされるときは、以下のようにご記入ください。
【メール題名】4月18日のGGまつり
【メール本文】
①年間パスポート番号 ②氏名 ③所属 ④電話番号 ⑤メールアドレス
申し込みは以下のメールアドレスに限ります。
sansu.gg2021@gmail.com

|

筑波大学附属小学校算数部【算数GGまつり】

筑波大学附属小学校算数部のオンラインセミナー!

今年度も開催決定!2021418日開催!

テーマ: 「年度初めに役立つ授業づくりのコツ」―この学年で育てたい見方・考え方―

主 催:  東洋館出版社

講 師:  筑波大学附属小学校算数部

開催形態: オンライン開催(Zoomミーティングを利用)

内 容: 年度初めに年間の見通しを持って、改めてその学年でどのような子どもに育てたいのかを考えておくことは授業づくりに大切なことです。学年の重要単元を中心に、子どもたちに数学的な見方・考え方を育てる実践を紹介していきます。今回、オンラインセミナーで初めて、1つの学年を算数部員一人が担当し、6学年に分かれて同時に行います。1つの講座は40分ずつで2回行います。1回目と2回目で同じ学年の話を聞くこともできますし、1回目と2回目で別の学年の講座に参加することも可能です。算数部員の学年の担当は4月になってからの発表になります。

時 程: 09:00-    待機室入室開始(ゼミ室へは09:25から入室できます)

     09:30-09:45 ゼミナール開会のあいさつ

     09:50-10:30 学年別 年度初めに役立つ授業づくりのコツ その1

     10:30-10:40 休憩(移動)

     10:40-11:20 学年別 年度初めに役立つ授業づくりのコツ その2

     11:20-11:30 ゼミナール閉会のあいさつ

参加費合計:3,000円(参加費 2,780 + システム手数料 220円)

申し込み等 東洋館出版社 https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=4621468672144579&EventCode=6127825380&fbclid=IwAR3wrG0wHcQHRKOw27N-ZfESl2kF5ErY25JTHP4H8o5z_AQUgFZk89PtvGY

|

« 2021年1月 | トップページ | 2021年4月 »