« 2021年9月 | トップページ

2021年10月の3件の記事

全国算数授業研究大会 東京大会オンライン

授業を観て語り合う、全国算数授業研究大会!
全算研名物となった白熱の授業公開&協議会が、ついにオンラインで実現!
オンラインの特性を生かした51本のブレイクアウトセッション講座も開講!

開催日: 2022年1月9日(日)

テーマ: 子どもの数学的な見方・考え方が働く授業 ――どんな見方・考え方を、どのように引き出すか

時 程
[第1部]@Zoomミーティング
 09:00-09:20    基調提案    [提案者:佐藤純一(国立学園小)]
 09:30-09:50    学年別 見方・考え方講座1      <セッションA/6学年×3講座>1年「10より大きい数」夏坂哲志(筑波大学附属小)6年「円の面積」中田寿幸(筑波大学附属小)他
 10:00-10:20    学年別 見方・考え方講座2      <セッションA・2セット目>
 10:30-10:50    フリーテーマ対談型講座       <セッションB/13講座>
 11:00-11:20    見方・考え方 ワークショップ1    <セッションC/10講座>
 11:30-11:50    見方・考え方 ワークショップ2    <セッションD/10講座> 正直むずかしい! 見方・考え方が広がる時、広がらない時 田中英海(筑波大学附属小) 持続可能な見方・考え方を育てるために 青山尚司(筑波大学附属小) 他    
 11:50-13:00    お昼休憩、Zoomウェビナーに移動    

[第2部]@Zoomウェビナー
 13:00-14:40    授業ビデオ公開&協議会    3年「小数」[授業者:山田剛史(東京学芸大学附属竹早小)]
 [パネリスト:平川賢(昭和学院小)、河内麻衣子(豊島区立高南小)、大野桂(筑波大学附属小)、司会:森本隆史(筑波大学附属小)
 14:50-15:30    シンポジウム    [シンポジスト:山本良和(昭和学院小)、尾﨑正彦(関西大学初等部)、永田美奈子(雙葉小)、司会:盛山隆雄(筑波大学附属小)
 15:30-15:40    閉会の挨拶  

詳細・申し込み https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=8349540894465184&EventCode=8926899624



 

|

第9回 算数GGゼミ

2021年10月31日 第9回開催!

テーマ: 子どもがつくる めあてとまとめ ――本当の子ども主体の授業を目指して
講 師: 盛山隆雄(筑波大学附属小学校教諭)
     大野 桂(筑波大学附属小学校教諭)
開催形態: オンライン開催(Zoomミーティングを利用)

時 程: 09:00-    待機室入室開始(ゼミ室へは09:29から入室できます)
     09:30-09:35 ゼミナール開会のあいさつ
     09:35-10:25 第1部  「めあてとまとめとは何か。本来の意味と役割から子ども主体の算数授業づくりを考える」盛山隆雄
     10:35-11:25 第2部  「子どもが「めあて」をつくるとは、子ども自らが課題を設定するということです。そして、その課題の結論が「まとめ」です。そんな「めあて」「まとめ」をどのように子どもが作っていったかを授業の具体で紹介します。」大野 桂                                                
     11:25-11:55 質疑応答
     11:55-12:00 ゼミナール閉会のあいさつ
参加費合計:2,500円(参加費 2,280円 + システム手数料 220円)

詳細・申し込み https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=4621468672144579&EventCode=8731096004

|

オール筑波算数オータムフェスティバル オンライン

開催日: 2021年10月23日(土)

テーマ: 統合的・発展的に考察する力を育てる授業

 オール筑波算数オータムフェスティバルお申込みはこちら (eventpay.jp)

時 程:
 14:00-14:10 開会のあいさつ
 14:10-15:40 ビデオ公開授業&協議会 5年「図形の面積」 [授業者:森本]
 15:40-15:55 Zoomミーティングへ移動、休憩

 15:55-16:00 各ブレイクアウトルームの説明
 16:00-17:00 双方向型 授業づくりQ&A [講師:森本、田中、青山、大野]
 17:00-17:10 閉会の挨拶

概 要:
 「だったら○○のときも同じように考えられると思うよ」という子どもの言葉を引き出す授業をしたいと思っています。
 そうした授業では、友達の考えをよく聴き、自分の考えと比べたり、考えの共通点を見いだしたりする統合的・発展的に考える姿があります。
 ビデオ授業公開と協議、Q&Aを通して、発展的に考える楽しさある授業を一緒に探っていきませんか?

授業づくりQ&Aについて:
 Zoomミーティングにて、以下の4つのブレイクアウトルームから1つを選んでご参加いただきます。
 1.続・協議会 [担当:森本]  2.低学年講座 [担当:田中]
 3.中学年講座 [担当:青山]  4.高学年講座 [担当:大野]

講 師:
 夏坂哲志、盛山隆雄、中田寿幸、大野桂、森本隆史、青山尚司、田中英海(いずれも筑波大学附属小学校)

参加費合計: 3,000円(参加費 2,780円 + システム手数料 220円)

開催形態: オンライン開催(Zoomウェビナー,Zoomミーティングを利用)
       前半◇Zoomウェビナーを用いた授業公開&協議会
       後半◇Zoomミーティングのブレイクアウトセッションを用いた双方向型Q&A

主 催: 東洋館出版社

==

 オール筑波算数オータムフェスティバルお申込みはこちら (eventpay.jp)

|

« 2021年9月 | トップページ